全国特別支援学校長会公式サイト

 

 
 
 
 
 

作品ページ1【第27回文化祭造形部門】

2階から見た階段
クリックで画像表示

2階から見た階段

 紺屋 友希
北海道旭川盲学校
第27回文化祭優秀作品

校内の好きな場所を木版画にしました。弱視の本生徒は、階段を見下ろす風景を選びました。版づくりでは、版木に顔がつくぐらい近づき、彫刻刀やくぎ打ちで根気強く彫り上げました。バレンで刷りました。

豊明の絵
クリックで画像表示

豊明の絵

 山本 亮太
札幌市立札幌豊明高等支援学校
第27回文化祭優秀作品
これは、本校の正面から見た絵です。難しかったところは、壁の色をよく観察して色を細かく区別して塗ったことです。窓のところは、立体的に見えるように描きました。ぜひ見てください。
あふれる力
クリックで画像表示

あふれる力

 鷹架 雄大
青森県立七戸養護学校
りそなグループ賞
凹凸を付けた画面に、花ちり紙を貼ったりスタンプを押したりして制作しました。花ちり紙はハサミで切らずに手でちぎることで、力強い仕上がりになりました。花ちり紙をちぎる活動が楽しくて、沢山ちぎって貼りつけていました。
大きな観覧車
クリックで画像表示

大きな観覧車

 國分 優希
青森県立八戸第二養護学校
りそなグループ賞
自分の気持ちの明るくて楽しい部分を観覧車で表現してみました。
ひまわり
クリックで画像表示

ひまわり

 向川 心翔
岩手県立盛岡みたけ支援学校二戸分教室
第27回文化祭優秀作品

学級で育てていたひまわりを見て描きました。「空の色は?」「花びらの色は?」と、実物と照らし合わせて、色を選びました。迫力のある大きなひまわりと空に向かって生き生きと伸びるひまわりが完成しました。

わたしのゆめのなか
クリックで画像表示

わたしのゆめのなか

 川村 穂佳
岩手県立盛岡ひがし支援学校
第27回文化祭優秀作品
わたしはカラフルな絵が大好きです。私の夢の中のイメージを描きました。
夕暮れの厳島神社
クリックで画像表示

夕暮れの厳島神社

 高等部 印刷班
仙台市立鶴谷特別支援学校
第27回文化祭優秀作品
世界遺産をテーマにカレンダー製品作りに取り組みました。夕暮れの厳島神社をイメージして構図を考え,ローラー、ばれん,紙押さえの作業を分担し,協力して仕上げました。
僕のお気に入り
クリックで画像表示

僕のお気に入り

 木村 友哉
宮城県立金成支援学校
第27回文化祭優秀作品
絵や工作が大好きな生徒が,色からイメージした動物達や今気になっているものなどを描いてはさみで切り抜き,キャンパスに貼り付けました。ペンやはさみを心のままにはしらせてキャンパスに集めました。みんな生徒のお気に入りです。
太陽と果物
クリックで画像表示

太陽と果物

 伊藤 結依
秋田県立ゆり支援学校
全国特別支援学校知的障害教育校長会長賞
日差しに照らされた果物が生き生きと感じられたので描きたくなった。白黒で下描きし、乾いてから着色した。先生に「全体をカラーにしないの?」と聞かれたが、果物を引き立たせるために周辺に白黒を残した。
先生の手と足
クリックで画像表示

先生の手と足

 佐藤 響
秋田県立栗田支援学校
第27回文化祭優秀作品
割り箸ペンで、人物画のクロッキーを描きました。座っているモデルの手足に注目して描きました。黒い部分も、割り箸と墨汁で、丁寧に塗りました。
でんしゃ
クリックで画像表示

でんしゃ

 甲州 正樹
山形県立新庄養護学校
全国特別支援学校知的障害教育校長会長賞
描きたいものが決まると一気に制作する作者。紙を切り貼りしているところもあり、細部までていねいに描きこんでいます。雪と速度の対比が作品に時間と空間の広がりを生み、見る人に物語の情景を感じさせる作品になりました。
Musi
クリックで画像表示

Musi

 伊藤 唯人
山形県立鶴岡養護学校
第27回文化祭優秀作品
「いとまき」「かもめのすいへいさん」「さんぽ」大好きな音楽。曲が流れると楽しい世界が広がり、心も身体もとってもいい気持ちに。そんな思いを絵の具で表現しました。
「元気に滝をのぼる鯉(切り絵)」
クリックで画像表示

「元気に滝をのぼる鯉(切り絵)」

 伊藤 航希
福島市立福島養護学校
第27回文化祭優秀作品
僕は和柄が好きなので、和柄の鯉を切り絵にしました。デザインも、下描きのところから自分で考えて描きました。鯉の体の線や、うろこの曲線がきれいに出るように慎重に切りました。
思い出のデパートがなくなった日
クリックで画像表示

思い出のデパートがなくなった日

 新田 愁夜
福島県立大笹生支援学校
全国特別支援学校文化連盟会長賞
本生徒の住んでいる街の唯一のデパートが、閉店した直後の場面を切り絵で表現しました。自分の街にあることが当たり前だと思っていたデパートが、あっけなくなくなってしまった寂しさを込めています。

落ち葉の広がり

 今泉 真樹
茨城県立石岡特別支援学校
全国特別支援学校知的障害教育校長会長賞

ニードルでスクラッチして描きました。スクラッチの太さや向きを変え,葉脈の明暗と濃淡を表現しました。アクリル絵の具で着彩し,黒い背景に浮かびあがる美しい秋に仕上げました。背面から光を当てて観賞ください。

楽園
クリックで画像表示

楽園

 小川 創士
茨城県立伊奈特別支援学校
全国特別支援学校知的障害教育校長会長賞
コラグラフの技法を用いて,植物や針金,ビーズなど身近な素材を下地に貼り付け,銀河や蝶,花などのモチーフを表現しました。東京オリンピックのエンブレムに採用された市松模様を取り入れ,金属風の光沢を出しました。
古代魚の撮影に行こう
クリックで画像表示

古代魚の撮影に行こう

 藤井 輝
栃木県立南那須特別支援学校
第27回文化祭優秀作品

学校の近くを走るJR烏山線のアキュム(蓄電池駆動電車)が将来、水中走行できるようになって、古代生物に会いに海底旅行に行くことをイメージして描きました。

 

栃木の人形山車「諫鼓鶏
クリックで画像表示

栃木の人形山車「諫鼓鶏

 岩藤 優斗
栃木県立栃木特別支援学校
第27回文化祭優秀作品

部活動で制作した絵手紙です。地元に伝わる人形山車「諫鼓鶏(かんこどり)」を描きました。二年に一度の秋祭りで、たくさんの山車が街を練り歩く光景が大好きです。次の秋祭りが待ちきれない気持ちを表現しました。

海の中の生き物たち
クリックで画像表示

海の中の生き物たち

 小林 美桜
栃木県立栃木特別支援学校
第27回文化祭優秀作品

海の中のいろいろな生き物たちを表現しました。カニやイカ、カメ、クラゲ、クマノミなどのたくさんの魚たちが、楽しそうにしています。カラフルな泡やサンゴも描きました。みんな、とっても仲良しです。

どうぶつたちとぼく
クリックで画像表示

どうぶつたちとぼく

 湯山 栄奈
群馬県立あさひ特別支援学校
第27回文化祭優秀作品

好きな動物たちと自分の顔を描きました。オランウータンやゴリラ、トラやライオンなど、いろいろな動物たちが、生き生きとした表情でこちらを向いています。色彩もとても豊かで、わくわくする、楽しい作品です。

さかな
クリックで画像表示

さかな

 湯山 栄奈
埼玉県立上尾特別支援学校
第27回文化祭優秀作品

フロッタージュを使い色々な模様を作り、切って魚の形にしました。美術の授業で行いました。

夢の場所
クリックで画像表示

夢の場所

 小西 涼登
埼玉県立上尾かしの木特別支援学校
第27回文化祭優秀作品

自分の理想の場所を描きました。自分の好きなものに溢れたカフェが夢の場所です。将来、現実になることを夢見て丁寧に描き上げました。

クレヨンメルトのツリー ~「希望の森」の虹をさがして~
クリックで画像表示

クレヨンメルトのツリー ~「希望の森」の虹をさがして~

 青木 煌之介
千葉県立飯高特別支援学校
第27回文化祭優秀作品

細かく削ったクレヨンを自由に撒き、エンボスヒーターで温めるとじんわりと溶けていきます。バランでこすると、溶けたクレヨンが思いもかけない形に広がりました。ぼくだけの虹色のクレヨンメルトツリーの完成です。

自分の世界
クリックで画像表示

自分の世界

 佐藤 柚太
千葉県立特別支援学校市川大野高等学園
第27回文化祭優秀作品

自分の心の中を絵にしました。色ごとに感情や思い出を表してみました。中央の目は物事を判断する「心の目」です。ピンク色は自分にとって大事な人を表しています。

サバンナ
クリックで画像表示

サバンナ

 中久喜 蓮
東京都立足立特別支援学校
りそなグループ賞

写真を見ながら、鉛筆と水性マーカーで描画した作品です。固有色にこだわらず、自由な発想で着色しました。着色後、画像をPCに取り込み、デジタル加工を施しました

「森・フルーツ・光」
クリックで画像表示

「森・フルーツ・光」

 小島 穂乃香
東京都立あきる野学園
第27回文化祭優秀作品

キャンバスにアクリル絵の具やオイルパステル、コラージュで制作しました。下地をデカルコマニーで大きく着色した後は自分の意思を大切にして、自分で色の置き方や描きたい線を選んで、画面に積み上げました。最終的には画面の外側を麻のコラージュで仕上げました。

ゆびのダンス~ぼくのすきないろ~
クリックで画像表示

ゆびのダンス~ぼくのすきないろ~

 大矢 慎平
神奈川県立平塚盲学校
全国盲学校長会賞

音楽に合わせて両手の指をリズミカルに動かして描きました。10本の指が仲良くダンスを踊って完成した作品です。

「小僧、何をしている!」
クリックで画像表示

「小僧、何をしている!」

 江川 萌恵
神奈川県立横浜ひなたやま支援学校
第27回文化祭優秀作品

子ども(モデル:弟)を驚かそうと、ちょっかいを出す鬼たちを描きました。普通なら、驚くはずなのですが…!?怖さを知らない子どもと、ねぶた祭りのような力強い大きなものを描きたくて制作しました。

アロワナ
クリックで画像表示

アロワナ

 村田 健心
新潟県立長岡聾学校
第27回文化祭優秀作品

東京オリンピック・パラリンピックを意識して描きました。背景のグラデーションの色を工夫しました。

赤いパプリカ
クリックで画像表示

赤いパプリカ

 中西 純潔
山梨県立わかば支援学校
第27回文化祭優秀作品

“野菜が先生”をキーワードに、観察を通して、墨筆や彩筆のにじみやぼかしを活かしながら、感じたままを表現しました。


【第27回文化祭造形部

作品ページ1 
作品ページ2 作品ページ3 作品ページ4