全国特別支援学校長会公式サイト

 

 
 
 
 
 

  全国盲学校長会

概要と歴代会長

概要

昭和23年に、戦前の帝国教育会を中心に校長部会があったものを、東京教育大学附属盲学校長松野憲治氏を中心に、高橋(文京)、木村(八王子)、和田(千葉)、靏見(横浜)各氏等が、盲教育振興普及を図る目的で、全国盲学校長会を設立し、組織的活動を開始した。

 

歴代会長

初代 松野憲治 (昭和23~31) 2代 高橋惣市 (昭和32~36)
3代 靏見明音 (昭和37~38) 4代 木村高明 (昭和39)
5代 和田忠巳 (昭和40) 6代 鈴木力二 (昭和41)
7代 小野里甫 (昭和42) 8代 中林左近 (昭和43~46)
9代 石垣惟一 (昭和47) 10代 後藤竜次 (昭和48)
11代 林田 廣 (昭和49) 12代 福本礼一 (昭和50)
13代 堀 政夫 (昭和51~53) 14代 伊藤眞三郎 (昭和54~55)
15代 大平源一 (昭和56~57) 16代 佐藤 恒 (昭和58~61)
17代 中野 昴 (昭和62) 18代 浅川英雄 (昭和63~平成3)
19代 小林一弘 (平成4~6) 20代 林 正義 (平成7~9)
21代 皆川春雄 (平成10~16) 22代 神尾裕治 (平成17~18)
23代 澤田 晋 (平成19~22) 24代 座間幸男 (平成23~24)
25代 三谷 照勝 (平成25~27) 26代 矢野口 仁 (平成28~29)
27代 國松利津子 (平成30) 28代 木村 利男 (令和元年~)

 

組織

組織図

 

活動

会議

 ・総会 毎年1回開催(6月)
 ・代表者研究協議会(全国) 年3回(5月、10月、翌年2月)
 ・研究協議会 年2回(6月、10月)
 ・各地区校長会 随時
 ・事務局会 年5~6回

 

事業

(1)視覚障害教育に関する調査研究
(2)視覚障害教育振興に関する世論の喚起
(3)研究会、協議会、講習会等の開催
(4)視覚障害教育の専門性の維持・向上
(5)視覚障害児者の教育及び生活全般の向上(合理的配慮・環境整備等)
(6)視覚障害教育啓発活動、関係機関との連携・ネットワーク
(7)視覚障害教育に関わる課題解決に向けた取り組み
(8)会報その他の図書等の刊行
(9)視覚障害教育の振興に関して、当局への建議、又は意見の公表
(10)その他本会の目的達成に必要と認められる事項

主な刊行物

・全国盲・聾・特別支援学校実態調査
・全国盲学校長会「研究通信」
・視覚障害教育の現状と課題
・視覚障害教育入門Q&A
・見えない・見えにくい子供のための歩行指導Q&A
・視覚障害教育入門Q&A(新訂版)

全国盲学校長会費

年額 20,000円

 

参考文献・刊行物

参考文献名 出版元
特殊教育諸学校学習指導要領解説 ―盲学校編― 海文堂出版
観察と実験の指導 慶応大学出版会
視覚障害児のための言語の理解と表現の指導 慶応大学出版会
歩行指導の手引 慶応大学出版会
点字楽譜の手引 日本ライトハウス
点字学習指導の手引改訂版 慶応大学出版会
視覚のメカニズムと視覚障害についての解説書
原田政美著 『眼のはたらきと学習 -障害教育と学校保健の基礎知識』
慶応大学出版会
文部省編『特殊教育百年史』『特殊教育百二十年の歩み』  
視覚障害教育入門Q&A 全国盲学校長会
拡大教科書作成マニュアル 国総研編者
見えない・見えにくい子供のための歩行指導Q&A 全国盲学校長会
視覚障害教育入門Q&A(新訂版) 全国盲学校長会